パンチ工業

RECRUIT 2018

緊張感と責任感のある仕事、
地域に貢献できる活動。
2つの業務に携わり、
2倍のやりがいを得られる。

生産管理部
受注統括課見積もり係
藤島 亮太
Ryota Fujishima

Profile

岩手県立黒沢尻工業高等学校電子科卒業。2015年、パンチ工業に入社。特注品の見積もり作成、受注確定図面の振り分けを担当する生産管理部受注統括課見積もり係に在籍。「風土改革委員会」では、地域・社会ボランティアなどの社外活動に積極的に参加。社会とつながる楽しさを感じながら活動中。

「写せばいい」という
前例のない、
緊張感のある仕事

就活で迷っていた時、とにかく行ってみようと参加したパンチ工業の工場見学で、「ここだ!」と直感しました。社員一人ひとりがとても明るく活気があり、仕事面でもやりがいを感じられそうだと思ったからです。現在任せていただいている仕事は主に、営業部から渡される受注確定図面の振り分けと、特注品図面の見積もり作成。当社の製品は大きくカタログ品と特注品に分かれています。特注品の見積もりは特に注意が必要で、手本になる前例はあっても、「全部写せばいい」という前例はありません。いい意味で緊張感と責任感のある仕事だと感じています。

地域・社会貢献ボランティアで、やりがいが2倍

受注統括課としての業務以外では、「風土改革委員会」の活動に参加しています。これは社内の働き方改善や地域・社会貢献ボランティアについて話し合い、行動する社内組織の一つで、とても大きなやりがいを感じる業務でもあります。これまでの社外活動実績は、国体のIDチェック係員や、岩手県内のマラソン大会スタッフなど。自分が働く地域・社会に、本業の仕事以外でも貢献できる制度があることは、すごくありがたいと思います。やりがいが2倍になるわけですから。「パンチ工業」はオンでもオフでも、いろんな面でがんばりたい人の背中を押してくれる会社だと感じています。

1日の仕事の流れ(日勤の場合)

08:50

購入したばかりのマイカーで出社。

09:00

業務スタート。メールチェック後、
前日夜までにきていた見積もりを
確認し、課内で展開。

09:20

特注品図面の見積もり作成。
自分の名前も記入されるため
緊張感を持って作業。

12:00

食堂で同期社員と一緒にランチ。
お気に入りは熱々のみそ汁。

13:00

見積もり作成業務を再開。

15:30

風土改革委員会ミーティング。
この日は年間スケジュールを確認。

17:00

受注確定図面の
振り分け業務がスタート。

19:00

残業を終えて退社。
マイカーで帰宅後、
地元の友人と夕食へ。